ボニックプロのお腹へのやり方や顔には使用可?

ボニックプロ お腹 やり方

 

ちょっと年を重ねるとどうしても気になってくるのがお腹の脂肪。

 

若い事とまったく同じ食生活や運動をしていても年齢とともに代謝が落ちてくるのは避けようがなく、ある意味万人の悩みでもありますね。

 

お腹の脂肪が気になるとやはり水着とかにはなりやすいですし、将来的な病気のリスクもあるので早めに解消したいところです

 

そこで今回は部分痩せに効果のあるボニックプロ

ボニックプロのお腹へのやり方や顔には使用可?

についてまとめてみたいと思います!

 

ボニックプロのお腹へのやり方は?

 

腕や脚など体の気になるところにお家でエステ並みを施術することができるボニックプロ。

 

中でも商品の購入の決め手となった使用者の多くが口をそろえていうのがお腹に対しての対策を取りたかったという意見が多いんです。

 

確かにお腹がポコッとしてくると洋服選びも自然とゆったりとしたものを選んでしまいがちになりますし気分がマイナスの方向に行き自分に自身が若干持てなくなりますね。

 

そこでボニックプロのお腹へのアプローチを見てみると

基本的には各箇所5分の時間をかければいいので忙しい人にとってもかなりおススメでお腹への施術も一日5分を継続していけば効果が出ます。

 

具体的にお腹へのやり方としては他の個別箇所と同じで

  1. 専用ジェルをお腹に塗る。
  2. HOTモード
  3. SHAPEモード

という順番で行っていきます。

 

専用ジェルをお腹に塗る。

様々なダイエットに効果的な成分が含まれているボニックプロ専用ジェルをお腹に塗っていきます。

 

基本的にはお腹への施術は脂肪があるためにボニックプロを使用しても特徴のEMSといわれる低周波の刺激で痛みを感じる人は少ないですが気になる人が多めに塗りましょう。

 

ジェルの塗り方としてはお腹一帯に広がるように塗り全体的にジェルが満遍なくいきわたるようにします。

 

HOTモード

 

ジェルの準備ができたらHOTモードでお腹を温めていきます。

 

このHOTモードには高級エスでも共通しているんですが、筋肉や脂肪が冷えているとボニックプロを使用しても大きな効果が見込めずアスリートのウォーミングアップのように引き締めたい部分をの準備をします。

 

SHAPEモード

SHAPE(シェイプ)モードでは実際にお腹に刺激を与えていくことになります。

 

ここでは他の筋トレなどではなかなか直接行うことができないお腹の脂肪と腹筋にEMS(低周波の刺激)を施術しお腹を引き締め理想の体型を作っていきます。

 

このSHAPEモードでのお腹のやり方でおススメとしては

レベルを各自で調節した後(3段階で弱・中・強とありますが意外にパワーが強いので初めは弱から試して見てください。)画像のようにおへそから円を描くようにゆっくりボニックプロを動かしていきます。

 

ボニックプロ お腹 やり方

 

それが終わるとサイドの腹筋である腹斜筋を刺激するために左右の脇腹に少なくとも3回ずつゆっくり滑らすようにボニックプロ本体を動かしていきます。

 

時間的には一連のお腹へのやり方でゆっくり行っても5分前後しかかからず忙しい現代人にとってはこのスピーディさは嬉しいところですね。

 

動画でもボニックプロのお腹へのやり方があったので紹介しておきます。

 

 

ボニックプロは顔には使用可?

お腹や脚では太ももとふくらはぎ、腕では二の腕に使用可能なボニックプロ。

 

そのまま顔へのむくみとりなどに使えそうですが、公式HPには

首から上と心臓の上は避けてください。

とありますので絶対に使用はしない方がいいです。

 

理由としては色々あるんですが、ボニックプロは本来お腹周りや太ももなどの皮膚の下のに脂肪があることを想定して設計されているので顔に当てると刺激が強すぎて使用不可なんですね。

 

他にも専用ジェルも繊細な顔用にはつくられておらず、使用した場合に何か起こるか保証もないので顔への使用は止めておきましょう!

 

まとめとして

管理人もお腹にボニックプロを使って部分痩せダイエットに成功したので効果としては確かなボニックプロ。

だいたい2か月目以降くらいから変化を実感する人が多いので継続するのが成功につながるのでぜひ一度試して見てください。

更なるボニックプロの情報はこちら↓

ボニックプロの口コミでの評価や効果はある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です